お茶の子さいさい|PR用わかりやすい漫画制作ならダンガン株式会社

PR漫画事例紹介~お茶のこさいさい~

PR漫画事例


PR漫画のわかりやすさをプレゼンテーションするために「お茶のおいしい入れ方」を題材とした漫画を作成しています。
おいしいお茶の入れ方を文字で説明すると次のようになります。

  • お水をしっかり沸騰させます
  • 茶葉は茶さじ山盛り1杯か大さじに軽く1杯を急須に入れます
  • 急須に入れるお湯は、沸騰したお湯を湯呑に2回移して温度を80度まで下げてから急須にいれます
  • 急須はふたをして1分~2分待ちます
  • 湯呑にお茶を淹れるときは、一度に全てを注がずに廻し注ぎをして湯呑に淹れます
  • おいしく召し上がれ

おいしい淹れ方を簡単に説明するとこのようになるのですがイメージできますか?
ある程度お茶の入れ方をご存じの人であればわかるかとおもいます。
しかし、知らない人にとってはどうやってやればいいのか迷う説明ではないでしょうか。
そこで、この説明を全6ページの漫画を使ってみてみましょう。

お茶のこさいさい1ページ目 お茶のこさいさい2ページ目 お茶のこさいさい3ページ目 お茶のこさいさい4ページ目 お茶のこさいさい5ページ目 お茶のこさいさい6ページ目


PDF版は下記リンクからダウンロードできます。

・軽量版(1.22MB)

・高解像度版(21.8MB)


電子書籍版は下記リンクからご覧ください



いかがでしたか?文字での説明のやり方が一目瞭然ではなかったでしょうか。
こういったプロモーションの仕方にご興味がある方は弊社までご連絡ください。

なお、日本茶や日本の文化の普及促進に貢献したいと考えて、「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」は下記の規約に従えば自由に活用していただけるようにしています。
活用についてのご相談や入稿用のデータなど必要な場合には弊社までご連絡ください。個別にご対応いたします。




「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」利用規約

ダンガン株式会社および森永みぐは「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」の利用について以下の規約を定めます。

1.利用方法

  1. 本ページ(http://www.dangan.co.jp/ochanokosaisai.html)に掲載されている「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」は商用・非商用にかかわりなく、また、ダンガン株式会社の事前の承諾を得ることなく無償で複製、翻案、公衆送信および二次利用(外国語版、アニメ化、商品化等を含むがこれに限られない)を行うことができます。その場合も、二次的著作物に関して原著作物の著作権および著作者人格権(同一性保持権)を行使しません。

2.制限事項

  1. 「1.利用方法」に従って利用できるのは、本ページおよびダンガン株式会社から指定された方法により取得したデータに限ります。また、「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」のみのが対象であり、「お茶のこさいさい」の他のストーリや、その他の作品は許諾の対象とはなりません。
  2. 以下の著作権表示については必ず明示的にかつ変更せず表示してください。ただし、1ページ目の同様の記載がわかるようになっていれば必要ありません。
    原作:ダンガン×漫画:森永みぐ

3.免責事項

  1. 利用者の利用行為については、ダンガン株式会社および森永みぐは一切その責任を負いません。

4.表明

  1. ダンガン株式会社は本利用規約を許諾するのに必要かつ十分な権利並びに能力を有していることを表明し保証します。
    なお、「お茶のこさいさい~おいしいお茶の入れ方~」の利用規約については作家である森永みぐからも賛同をいただいております。

5.禁止事項

  1. 法令、公序良俗または利用規約に違反する行為での利用は禁止します。
  2. 違法なサイトや違法取引目的での利用は禁止します。
  3. 犯罪行為または犯罪行為に結びつく行為での利用は禁止します。
  4. 反社会的勢力に直接的または間接的に利益を提供する行為、その他反社会的勢力と関係する行為での利用は禁止します。
  5. 自己の思想信条や政治的主張のために利用することにより、ダンガン株式会社もしくは森永みぐの主張であるとの誤認を生じさせるような利用は禁止します。
  6. ダンガン株式会社もしくは森永みぐまたは第三者に対し、不利益または損害を与える行為での利用は禁止します

6.事後報告

  1. 作品の二次利用については、利用状況の把握のためにダンガン株式会社まで、公開後1ヶ月を目安にご報告をお願いします。本利用規約に従っている限り利用を拒否することはいたしません。

制定日 2015年3月5日